初心者のためのfx口座選び方

初心者のためのfx口座選び方

fx会社や口座なんてどこも似たようなものでしょ?

 

と思っていませんか?

 

 

fx取引ツールが違うだけでなく、
初心者にとってfx会社選びはとても重要です。
なぜなら、各口座ごとにキャンペーンなどが行なわれることがあるのですが、
大体キャッシュバックのキャンペーンであることが多いんですね。
またミラートレーダーなどの便利なツールが使えるところも多いのが特徴です。

 

しかし、そのもらえる条件というのが初心者ではクリアできないものだったりします。

 

 

しかし、アクティブトレーダーにとっては条件クリアできるので、
慣れてから開設してキャッシュバックを貰ったほうが良い会社があるのです。

 

 

初心者は、最初は、FXの口座開設して、
数回の取引だけでキャッシュバックがもらえる口座を利用した方が
もらえる可能性が高いですね。

 

 

さらに、失敗することを前提でfx運用をスタートすべきでしょう。

 

fxの世界では、華やかに成功している人の話がよく目に付きますが、
彼らでさえ失敗したり、スランプを乗り越えたりしながらfxで勝てるようになっているのが真実です。

 

 

その苦労時代を知らずにfxは簡単だと始めてしまうと間違いなく
上手くいかない現実にぶち当たったときにすぐに諦めてしまうことでしょう。

 

 

そうならないためにも、最初から全てが上手くいく人などいないこと、
完璧を求めないことを心にとめておき、
失敗を許せるような心情で望むことを勧めます。

 

 

そうすることで、初心者にありがちな失敗をおかしたとしてもやる気も持続し、
失敗をバネにどうすれば次は同じミスをおかさないか?
どんな点を改善していけば成功するかを精査していくこともできることでしょう。

 

 

実は、fxのスキルが上達しようが、
成功しようが、
誰しも損切りからは逃れられませんし、
人間がする行動である以上、失敗は起こります。

 

 

 

その点では、初心者だろうが、fxが下手であろうが変わりません。

 

 

しかし、fxで成功する人と、そうでない人とに大きく別れるのです。

 

そのたった1つ違うのは、失敗の考え方と、失敗したときの向き合い方にあると思っています。

 

 

世間一般では失敗をすると責められるし、反省を求められます。
とても罪悪感でいっぱいになります。

 

しかし、fxでは、失敗を反省はしても罪悪感を抱く必要はないのです。

 

人は、罪悪感を感じてしまうと萎縮してしまいますし、
何よりそんな感情ではどうやってスキルを上達させようかとか、
失敗をなくすにはどうすればいいだろう。って前向きな考えにもなりません。

 

失敗は、反省すべきことですが、最初から失敗しにくいように
対処しておくのもかなり戦略的で良いです。そのためには、fx口座選びは大切です。

 

 

 

 

FXに老後資金を投資

 

Fxで退職金を運用したい、お小遣いを増やしたい
と思って始める人も多いです。

 

 

しかし、現実は勝てる人は少数です。

 

 

それはなぜかと言いますと、真面目に取組む人が少ないからです。

 

ということは、少しでも勉強をすれば勝てるようになるのですから、
ぜひこれから一緒に勉強してもらいたいと思います。

 

 

基本的にfxのことを投機だと踏まえてやっていきましょう。

 

ファンドや投資信託に比べて、個別のこういった投資はリスクも高くなります。

 

心して取組んで下さい。
最初は、なれるためにもFXの自動売買やデモトレードで始めた方が良いですね。

 

デモトレードとはfxで実際に使う取引ツールと同じように、
トレードできるように容易されたもので、
誰でもメールやニックネームなどを登録すればできるようになっています。

 

 

ネットで検索をすればたくさんでてきますが、
バーチャルfxのように、デモ口座だけを用意しているところもあります。

 

 

また、fx会社がもし、本格的にfxを始めるときに口座を開設してもらえたら、
とサービスの一環としてデモ口座を用意してくれているところもあります。

 

 

ざっと検索してみたところ、GMOクリック証券や外為ドットコム、
外為オンライン、fxcmジャパンなどかなり多いので、
どこを選んでも変わりません。

 

 

こういったデモ口座は、本名や住所を登録しなくっても使えるので
安心して申込みましょう。

 

そして、これらのデモ口座の開設をしたら、
口座に架空のfx口座が用意され、
仮想として口座に300万円とか100万円とかが入っている。

 

 

ということになっています。

 

このバーチャル口座のバーチャル金額を使って、
トレードを練習することになります。

 

この金額を減らしてもお金を請求されませんし、
増やしてもその分もらえるわけではないのですが、
実際のトレードだと思って真剣にやるほどスキルは上達することでしょう。

 

 

また、この金額は増えても減っても困らないのですから、
怖がらずにガンガンとトレードしてみてください。

 

怖々とやっていても身に着きませんからね。

 

そうしていくうちに、慣れてくると、
その人独特のトレードの癖が出てくると思います。

 

 

逆張りが好き。とか順張りが好き。とかレンジが好き。
とかいろいろありますが、こうなったときにトレードしたくなる。
というのでも構いません。

 

 

何か傾向が現れたら、それに合わせたトレード手法を今度は構築していきます。

 

こうすることで、自分の完全にオリジナルな得意なトレード方法が身に着きます。
慣れてから実際の口座を開設してトレードしましょう。

 

fxとは

 

 

Fxをやるのが始めて、周りにやっている人もいないのであれば、どうやって始めればいいのか?口座開設の仕方も注文の仕方もわからないと思います。
そこで、このサイトでは、全くのビギナーがこれからFXを始めるときにつまずきそうなことを中心に情報をまとめて掲載していきたいと思っています。

 

疑問に抱きそうな部分や不安になってしまう部分を解消できるとようなことを書いています。Fx中級者や上級者の方には必要のない情報ですが、ビギナーの方が迷わずスムーズに取引を始められるように、

 

 

まず始めに、FXとは何なのか?

 

を知っておきましょう。
例えば、今のレートが1ドル100円だった場合と、1ドル90円だった場合では、10円もの開きがあります。
FXとは、外貨取引の取引である。ことはご存知でしょう。
そして最も身近な外貨取引の取引は、海外旅行に行く際の両替が分かりやすいです。

 

もし、ハワイ旅行に行くと仮定した場合、お小遣いを日本円で10万円持っていくとしたケースでは、両替すると1ドル100円のときは、1000ドルになり、1ドル90円のときは1111ドルとなり、1ドル90円のときに両替した方がたくさんのドルに交換できることになります。
(このお話では比較としての例題なので手数料を省いて計算しています。)厳密には、手数料などでもう少し換金率が落ちますが、

 

このように、外貨取引の動きは意外と身近な部分でも関わっていることがわかりますね。この場合では、現金を等価で換金したらこうなる。ということですから、1ドル90円と100円のときでは、100ドル以上の金額差が生まれるため、その分得をすることになります。

 

この差額は、現金での両替ですが、金融商品として売買することによって、その数十倍もの差額を短期間で手にすることができます。

 

それがFXです。
株などは3倍までで差金決済があるため、最近ではfxの人気が高まっています。

 

例えば今回のケースでは、100ドルの差額の得でしたが、
10万円を元手に100万円分の取引をしていれば1000ドルの利益を手にすることができます。このように、元に用意した金額をレバレッジを賭けることで個人の通常口座であれば最大25倍のレバレッジ運用をすることができるのです。その逆もあり、レバレッジを賭けることでその分のリスクも上昇するので、レバレッジが使えるからといって、安易に使うのもよくはありません。しかし、上手に使うことでお金を有効に運用することができるのはfxの最大の魅力です。

 

また取引もさまざまなものがあります、長期投資やスキャルピングなどの短期売買など様々なものがあるのが特徴です。

 

 

 

 

FXでトレード

 

fxの口座は、外国通貨の積み立てや貯金とは異なりますので、
金融機関ではなく、インターネット上で申込みします。

 

日本の預金金利よりも高く人気のオーストラリアドル(豪ドル)では、
金利が1.25%(税引き後年0.996%)のものでも店頭や電話サービスを利用した場合、
片道50銭、インターインターネットからのネット通信注文で片道40銭となっています。

 

短期間で売買を現物で繰り返すことは、タイミング次第ではマイナスの可能性が高いです。

 

 

往復で考えるとそれだけで1円もの手数料が必要となります。

 

為替は1円の値動きはかなり大きなものですから、
大手銀行の窓口などでは、外国通貨の積み立てや貯金の案内などがありますが、

 

あれは純粋にある程度のまとまったお金を金利の良い外国通貨として預けておくことで、
金利差益を狙うのと、為替の変動損益を目的とした口座なので、

 

100万円あった場合、100万円しか取引できません。

 

 

頻繁な売買には向いておらず、
数年単位の長期投資スタイルが向いています。

 

さらに手数料がかなり高いので、

 

例えば、外国通貨の積み立てや貯金の手数料について調べたところ
一方、FXで売買したと仮定した場合、売買の手数料は無料です。

 

(クリック365をのぞく)どんな通貨ペアでもいつ取引しても無料なのです。

 

その代わり、スプレッドと言う、買う値段と売る値段の差額が
fx会社の手数料として収入になっています。

 

このFX スプレッドというのは、
1金融機関の1口座なら1000万円までの保証がついていますが、
FX口座にはそれがありません。

 

そのため、あまり大きな金額を預けるのが不安な人もいるようです。
しかし、今はFX会社に預けている顧客の金融資産は、
fx会社の資産やお金と混同されないように預託金
ということで別資産管理されています。

 

ですから、fx会社の経営そのものと預けている顧客の資産は
別ものとされています。

 

このスプレッドについても、ドル円の場合1銭のところがほとんどですし、
オーストラリアドルについても1.2銭のところが多いです。

 

また、外国通貨の積み立てや貯金同様に利息のようなものがつきますから、
現物で外国通貨の積み立てや貯金をする予定の人も
fx口座を開設して外国通貨を購入しておいた方がお得ですね。

 

 

また、外国通貨の積み立てや貯金とfx口座の違いは、
為替の売買手数料だけでなく、注意点があります。

 

それは、預託資金の保証についてです。

 

 

今は銀行などの金融機関に預けているお金は、
預金保護法(ペイオフ)によってまた、会社の信頼性を測る意味では、
会社の経営母体が東証一部上場している大手を選ぶ。

 

という選択肢もあります。外国通貨の積み立てや貯金とFX取引口座の違い

 

 

 

FXの口座開設時の在籍確認について

 

FX口座開設時の在籍確認はあるのか?というご質問が多いのですが、

 

結論から言えば、ほとんどのFX業者は、FX口座開設の申し込みに対する審査にあたって、本人確認のために勤務先電話番号や自宅電話番号に直接電話で連絡をするということは基本的にありません。

 

連絡があるとすれば、記載漏れや記載事項に関する質問を申込者本人の携帯電話に電話して問い合わせるか、またはEメールで問い合わせることが多いようです。以前から、クレジットカードの審査などでは、審査の担当者が個人名で勤務先や自宅に電話をかけて在籍を確認する場合が多いのですが、会社によっては、こういった電話を社員の多重債務の兆候として管理していたり、また、自宅の場合には、審査で電話をする担当者の多くが女性であることから、いらぬ不貞疑惑の原因になる場合もあり、プライバシーの問題から昨今では簡単にはとりえない本人確認の方法になりつつあるのも現実なのです。

 

身分証明書の確認が重要
代わりに厳しくなっているのが、身分証明書の確認です。現住所と相違がある身分証明書はいっさい受け付けないのはもちろん、写真付きの身分証明書に限定したり、容易に書き換え可能な保険証などの身分証明書には追加の書類添付を求めるなどの措置がとられるようになっています。保険証は、運転免許証やパスポートとは違い、勤務の実態が証明できる証明書の一つですから、FX業者としても、可能であれば活用したいのです。

 

FX取引は、現実に所持する資産以上の取引が可能な信用取引を前提とすれば、たしかに外貨預金などに比べてリスクが高い取引と言えますが、損失を被った経験談だけが一人歩きし、FX取引全体の評価を下げているという側面も否定できません。

 

すべての金融商品にはリスクがあり、問題は、そのリスクの量と自分の資産状況を定量的に把握し、受容可能か否かを判断するプロセスなのです。その意味で、FX口座開設の条件を広く設けている現状は歓迎すべきですし、さらに多くの投資家が、有益な資産運用の一つとしてFX取引を選ぶことができるよう、積極的なプロモーションがなされている現状は、「自己責任」が本来の意味をもつ時代に入ったことを意味しているのかもしれません。

 

FX口座開設を申し込んだ後、FX業者から勤務先や自宅に本人確認の電話が来るかどうかは、家族や同僚に知られずにFXを始めたいと考える人にとっては、それが「隠し事」かどうかは別次元の問題としても、非常に大きな興味事項であることは間違いありません。